HEMS

HEMS(ヘムス)とは

HEMSとは「Home Energy Management System」(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略です

○○○○○○○○イメージ


家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムで、家電や電気設備とつなぐことで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を自動制御したりします。

政府は、2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています。(※ 平成24年「グリーン政策大綱(内閣官房国家戦略室)より)
これにより、将来、HEMSが一家に一台の時代になり、電気代の「見える化」でムダがひと目で分かるようになると言われております。

電力使用量は、部屋単位やコンセント単位まで把握可能です。そのため、子供部屋のエアコンがつけっぱなしになっていたことなどが一目瞭然なので、家族への説明もしやすくなります。

将来の電力自由化に対応するためには、

1.EMS(HEMS)で自宅の電気の使用状況を把握し、一番安い電力会社の一番安い電気メニューを選択する
2.省エネ機器をあわせて使用し、電気使用量を抑える。
3.蓄エネで夜間の割安な電力を購入し、料金の高い昼間に使用する。
4.蓄エネで停電などの災害時にも対応できるようにする。
5.蓄エネで安く買った電力を、創エネに利用し、電気料金の高い昼間に売電する。

といった取り組みが必要不可欠となります。

EMS(エネルギー管理システム)には、HEMS(ヘムス:住宅向け)、BEMS(ベムス:商用ビル向け)、FEMS(フェムス:工場向け)、CEMS(セムス:地域全体向け) など、管理対象によりそれぞれ違う名称があります。それぞれ管理対象は違いますが、電力需要と電力供給のモニターコントロールといった目的のシステムという基本は共通です。

最近、電力メーターをスマートメーターに変えるという話が出ておりますが、これでは家全体の電気使用量は分かりますが、何がどこでどれだけ使われているかはHEMSを導入していないと分かりません。