光触媒

光触媒とは

○○○○○○○○イメージ

二酸化チタンが紫外線を浴びることによって、汚れや有機物質を分解し、さらに水によって汚れを洗い流すことが出来ます。
私どもTOSエレックス株式会社は、この技術を基に太陽と雨水を利用して、半永久的に汚れない壁面を作る「TOS工法」を開発いたしました。

 

 

 


半永久的に汚れない理由

それは、二酸化チタンは紫外線のエネルギーを使って空気中の酸素や水から活性酸素と呼ばれる物質を生成します。この活性酸素の強い酸化力によって、表面に付着した汚れや有機物を分解して、最近を殺し、臭いを分解する作用があります。

さらに、超親水性表面を形成しており、ほとんど水を弾くことがなく、一滴の水でも表面に吸い込まれるように広がります。このため、付着物の下にまで水が浸透し、汚れを浮かせて包み込み流してしまうことができます。

※分解して流す、二つの作用がセルフクリーニングを現実のものとしました。

 



二酸化チタンとは

1.不燃性:燃えやすい材質のものでも、塗布することで、耐火性脳をもたらします。

2.耐候性:紫外線をカットするため、素材の変色・劣化を防ぎます。

3.抗菌性:酸化力が強いOHラジカルを生成し、強力な殺菌効果を発揮します。

4.消臭性:アパタイトで覆われているため、臭気が付着しません。

5.防食性:酸にもアルカリにも犯されないセラミック塗膜であるため、どんな材質でも保護します。

6.セルフクリーニング:外壁などは、太陽光と雨により完全な自浄効果を発揮します。新しいもの古いものを問わず、木材、コンクリート、金属など施工する下地素材を問わず、様々な環境でこのような性能を発揮します。