オール電化

オール電化とは

オール電化とは、家庭内で消費するエネルギーをガスや石油の代わりにすべて電気でまかなう仕組みです。
オール電化の構成機器の代表例として以下のようなものがあります。


1.エコキュート

○○○○○○○○イメージ

お得な経済性
エコキュートとは、使用電力の3倍以上のエネルギーを生み出す高効率な仕組みに加え、料金のお得な深夜の時間帯に沸かしたお湯をたっぷり溜めておき、暮らしのすべてのお湯をまかないますので、光熱費の大幅な節約に役立ちます。

他熱源とのランニングコスト比較
月々のランニングコストは、約1,000円のエコキュート、電気温水器、灯油給湯器の1/4、ガス給湯器の1/5で済みますので、大変経済的となっております。

 

 


2.IHクッキングヒーター

○○○○○○○○イメージ

吹きこぼれ、なべの焦げ付けがなく、お年寄りでも安心、安全に使用できます。

特長

1.炒め物も揚げ物も美味しく仕上げる
  光火力センサー

2.ラクな姿勢で操作できる 
  フル天面操作

3.一度に両面を自動で焼ける 
  大型グリル

 


3.光熱費の削減方法

給湯は夜間の安い電気サービスを利用して、ほぼ一日分のお湯を沸かすことが出来ます。
電力会社では、各家庭の電力需要に対して、下記の電灯契約を提供しています。
各家庭にあったスタイルでそれぞれの電灯契約を選択することにより、光熱費の大幅な削減が可能となります。

 

 

「電灯契約の種類」


1.気時別電灯契約・・・電化 de ナイト

特長は、昼間留守にされることが多い家庭で有効的な契約です。
特に太陽光発電を設置されている家庭では、さらに光熱費の削減が図れます。

 

 

 

2.時間帯別電灯契約・・・よかナイト

特長は、昼間留守にされることが多い家庭では有効的な契約です。
日中家にいることが多い家庭では、使用量によっては光熱費が高くなる可能性があります。

 

 

 

 

3.ピークシフト電灯契約

特長は、昼間留守にされることが多い家庭では有効的な契約です。
日中(13:00~16:00)に家にいることが多い家庭では、使用量によっては、光熱費が高くなる可能性があります。

 

 

 

4.従量電灯契約・・・通常の契約

電力の使用量により3段階に分かれており、使用量がふえるほど1KWHの単価が高くなります。

・最初の120KWHまで   17.13円/1KWH

・121~300KWHまで  22.63円/1KWH

・301KWH超過分     25.57円/1KWH